③マジックショー&チーム対抗バトルプラン事例 社内イベント事例:社員旅行編

「想像していた以上の盛り上がりと楽しさだった!」担当者様も大満足! 社員旅行先でのマジックを活用した社内イベント事例

更新日:

こんにちは、忍者マジシャンのMr.ニンニンこと藤川です。

 

旅行会社様からご依頼をいただき、

チームビルディングや、一体感づくりにつながる

手品を使った体験型の社内イベント企画を、

社員旅行先にて実施させて頂きました。

 

 

意外性があるユニーク体験×チームバトル=一体感とチームビルディング

 

今回のテーマは、社員同士のコミュニケーションや一体感づくり、チームビルディングがテーマ。

 

手品を使った体験型の社内イベント企画では、

賑やかしの余興のようにマジックショーをご覧いただくのではなく、

 

社員旅行に参加された120名の社員の皆んに、10チームに分かれていただき、

チームメンバーと協力して、マジシャンから出題されるお題の謎解きに挑戦。

 

他のチームと競争しながらチームメイトと取り組む、チームバトル形式の社内イベントでした。

 

 

 

仕事の延長ではない体験が一体感を演出!

 

マジックショーで会場の雰囲気がほぐれたあと、

マジシャンの挑戦状に仲間と一緒に挑戦!!

 

一方的に聞く形式ではなく、手や頭、体を使って、チームの仲間と

謎の解決に取り組んでいただきます。

 

他のチームとの競争が、より仲間とのコミュニケーションや結束を高め、

大変な盛り上がりの中、90分間のイベントが終了しました。

 

 

 

幹事様や参加頂きました皆さまの声

 

幹事様でもあり、今回、声をかけていただきました旅行会社のご担当者様は、

「想像していた以上の盛り上がりだった!」

と驚いておられました。

 

また、参加体験頂きました皆さまからは、

「めちゃくちゃ楽しかった!」

「あっと言う間の時間だった!」

「他のチームとの競い合いが、ハラハラして楽しかった!」

と喜んでいただけました。

 

 

 

 

ユニークな体験参加型の社内イベントのご提案

 

弊社では今回のような社員旅行先での体験企画や、

通常、開催される社内や職場の懇親会、

キックオフミーティングや周年記念、

社員のご家族を招待したファミリーデー、ファミリーイベント等の

盛り上げ、交流と一体感を演出する企画を御提案しています。

 

%e7%a4%be%e5%86%85%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%93

 

これまでの沢山の経験を活かして、全国対応でご支援させて頂いています。

社内イベントのアイデアや企画のお悩みのご担当者様、

お気軽にご相談ください。

 

社内イベント・社内レクリエーション向け③チーム対抗マジックバトル企画資料の無料ダウンロード

社内イベントや社内レク向けの体験参加型マジック企画の概要をまとめた資料をダウンロードいただけます。

※概要資料 PDFファイル A4×2枚

各プランの詳細企画書や費用、デモンストレーションも承っております。
問合せフォームよりお申込みください。

 

同社内イベントプランの概要は、下記ページにお進みください。

各種お問合せはこちらへ

おススメ記事

1

こんにちは、忍者マジシャンMr.ニンニンこと、 代表の藤川です。   表彰式や表彰プログラム、周年記念イベント、社内勉強会や 社員旅行、飲み会など、様々な企業で社内イベントが開催されています ...

2

某企業の労働組合様からご依頼をいただき、組合レク、組合イベント、組合勉強会の一環として、手品を使ったコミュニケーション術を身に付ける、「また会いたい人と言われるためのコミュニケーションマジック講座」を実施させていただき、参加した組合員の皆様に大変喜んでいただきましたので、組合レク事例としてご紹介します。

3

社内イベントのひとつ、周年記念パーティー、創立記念パーティーは企業から従業員への感謝を伝える絶好の機会です。せっかく従業員が集まる機会ですので、みんなで盛り上がれるエンターテインメントや余興を行うと盛り上がり、特別感が伝わります。そこで某企業様の30周年を記念した周年パーティーに参加された従業員のみなさんに楽しんでいただけるよう、ステージマジックショーを実施させていただいた事例をご紹介します。

-③マジックショー&チーム対抗バトルプラン事例, 社内イベント事例:社員旅行編
-, ,

Copyright© 社内や職場の活性化や社員のモチベーションアップを応援する社内イベント企画会社 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。