社内イベントを成功させるためのコツ

優秀な人材の社外流出を防ぎ、社内活性化につながる社内イベントアイデアのご提案

投稿日:

こんにちは、Mr.ニンニンこと、代表の藤川です。

 

少し前のデータですが2015年5月の有効求人倍率が1.19倍と
23年ぶりの高水準となり、企業の採用意欲は高いものの、

 

採用難が続いているそうです。

 

 

そんななか、人材確保の一手として行っているのが、

「リテンション」。

 

 

リテンションとは・・・

 

優秀な人材を外部に出さないように行う、様々な施策のことです!

 

 

人事担当者向け中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』が行った
サイトを利用している221社を対象に行った「リテンション」
についてアンケート結果によると、

 

 

今後、リテンションに、
「積極的に取り組んでいく」
「一部の人材について積極的に取り組んでいく」

 

と回答した企業は、約7割に。

 

 

その背景には、

“新規に適切な人材を採用するのは難しいので、

能力や性格のよくわかる既存社員を

リテンションするほうが効率的”

などの理由が上がっているそうです。

 

 

 

また、実施している施策、効果的だと感じた施策 トップ3は、

1位「社内コミュニケーションの活性化」(実施している:66%、効果的:40%)
2位「待遇改善(給与など)」(実施している:57%、効果的:42%)
3位「職場環境の向上」(実施している:55%、効果的:24%)

 

という結果になったそうです。

アンケートではもっと詳しく結果が公表されていますので
興味がある方はぜひ、ご覧ください。
引用元:エン人事のミカタ「人材のリテンションについて」アンケートへ

 

 

弊社では、企業や団体から、

■社内の活性化

■職場の活性化

を目的とした体験参加型のマジック社内イベント企画のご依頼・お問合せを沢山頂いています。

 

 

 

 

体験参加型のマジック企画は、見たい人が見るだけの単なる余興のマジックショーではなく、

〝社員同士の会話や対話の機会づくり”

〝業務から離れた作業で、共同体験やチームビルディング”

を目指す内容になっています。

 

 

 

まさに先のリテンションの施策実施アンケートの一位となった、

“社内コミュニケーションの活性化”

が目的です。

 

マジック体験という業務から切り離した非日常なテーマのおかげで、

自然に話せた、リラックスして純粋に取り組めた、元気になった、

と好評をいただいています。

 

 

社内交流のきっかけづくりのアイデアにお悩みの

ご担当者様、お気軽にお問合せください。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

 

おススメ記事

1

社内コミュニケーション促進、職場のコミュニケーション促進のため、
社内イベント、社内レクが見直されています。
今回は、社内イベント、社内レクを成功させるうえで欠かせない、
3つのポイントをご紹介します!

2

「社内のコミュニケーション」「職場のコミュニケーション」
「組合員同士のコミュニケーション」を促進したい、
社内イベントや社内レク、労働組合レクのご担当者様に
ぜひ、参考にして頂きたい<社内イベント事例記事><労働組合レク事例記事>を、
特にアクセスの多い記事の中から厳選してまとめました。

3

社内コミュニケーションや職場のコミュニケーションを促進させる!
社内イベント、社内レク、労働組合イベント、労働組合レク向けの
マジックを活用したイベント企画、「社内イベント向け参加体験型マジック」
についてご説明させていただきます!

-社内イベントを成功させるためのコツ
-, , , ,