社内イベントを成功させるためのコツ

優秀な人材の社外流出を防ぎ、社内活性化につながる社内イベントアイデアのご提案

投稿日:

こんにちは、Mr.ニンニンこと、代表の藤川です。

 

少し前のデータですが2015年5月の有効求人倍率が1.19倍と
23年ぶりの高水準となり、企業の採用意欲は高いものの、

 

採用難が続いているそうです。

 

 

そんななか、人材確保の一手として行っているのが、

「リテンション」。

 

 

リテンションとは・・・

 

優秀な人材を外部に出さないように行う、様々な施策のことです!

 

 

人事担当者向け中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』が行った
サイトを利用している221社を対象に行った「リテンション」
についてアンケート結果によると、

 

 

今後、リテンションに、
「積極的に取り組んでいく」
「一部の人材について積極的に取り組んでいく」

 

と回答した企業は、約7割に。

 

 

その背景には、

“新規に適切な人材を採用するのは難しいので、

能力や性格のよくわかる既存社員を

リテンションするほうが効率的”

などの理由が上がっているそうです。

 

 

 

また、実施している施策、効果的だと感じた施策 トップ3は、

1位「社内コミュニケーションの活性化」(実施している:66%、効果的:40%)
2位「待遇改善(給与など)」(実施している:57%、効果的:42%)
3位「職場環境の向上」(実施している:55%、効果的:24%)

 

という結果になったそうです。

アンケートではもっと詳しく結果が公表されていますので
興味がある方はぜひ、ご覧ください。
引用元:エン人事のミカタ「人材のリテンションについて」アンケートへ

 

 

弊社では、企業や団体から、

■社内の活性化

■職場の活性化

を目的とした体験参加型のマジック社内イベント企画のご依頼・お問合せを沢山頂いています。

 

 

 

 

体験参加型のマジック企画は、見たい人が見るだけの単なる余興のマジックショーではなく、

〝社員同士の会話や対話の機会づくり”

〝業務から離れた作業で、共同体験やチームビルディング”

を目指す内容になっています。

 

 

 

まさに先のリテンションの施策実施アンケートの一位となった、

“社内コミュニケーションの活性化”

が目的です。

 

マジック体験という業務から切り離した非日常なテーマのおかげで、

自然に話せた、リラックスして純粋に取り組めた、元気になった、

と好評をいただいています。

 

 

社内交流のきっかけづくりのアイデアにお悩みの

ご担当者様、お気軽にお問合せください。

最後まで御覧いただき、ありがとうございました。

 

おススメ記事

1

忘年会やクリスマスパーティーは、社内や職場のコミュニケーションを円滑にし、一体感づくりの機会として大切な、社内イベント・社内レクレーションの機会でもあります。そんな機会を効果的に盛り上げる<余興会社選び>は大切です。そこで今回は、忙しい幹事様に、『効率的に余興の依頼先を探し、問い合わせて決定するためのポイント』を伝授します! 

2

企業にとって、会社や職場主催の忘年会やクリスマスパーティーは、“社員同士のコミュニケーションの場” “経営陣と社員とのコミュニケーションの場” に活用できる、立派な社内イベントです。今回は、「一体感づくりの機会」「チームビルディング」の機会に変えた全員参加型の余興 体験型マジックプランのご事例をご紹介します。

3

企業の忘年会やクリスマスパーティー、新年会は、大切な社内イベントです。「社内や職場のコミュニケーション促進」 「社内や職場の一体感づくり」を目的とした社内イベントの機会としても大切な機会です。そんな機会を盛り上げて一体感を演出する余興会社選びは重要です。 今回は、プロがおすすめする余興選びに失敗しないためのコツを伝授します!

-社内イベントを成功させるためのコツ
-, , , ,

Copyright© 体験参加型マジックで社員の気持ちをひとつにする社内イベント企画会社 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。