①体験型マジック&ショープラン事例 労働組合イベント事例 社内イベント事例:懇親会編

「反省点が見つからない!」幹事様も大絶賛!組合懇親パーティーを盛り上げるアトラクション事例

更新日:

こんにちは、忍者マジシャンのMr.ニンニンこと、代表の藤川です。

 

労働組合様の懇親パーティーを盛り上げるアトラクションのご依頼をいただきました。

弊社のアトラクションは、全員参加型のマジックショー企画です。

様々なシーンで、数多くのご利用を頂いている人気のプランです。

 

今回は、某企業の労働組合様主催の組合員懇親パーティーでご利用いただいた事例をご紹介します。

 

 

 

労働組合様 懇親パーティーで全員参加体験型のマジックショースタート!

 

今回、労働組合の幹事様からご要望をいただいたテーマは、

 

"組合同士のコミュニケーション促進”

"組合同士の一体感づくり”

 

そこで、見たい人が見るだけの単なる余興のマジックショーではなく、

 

全員で非日常な共同体験を経て、組合員同士の会話が自然に生まれ、一体感を演出する『体験型マジック&ステージマジックショー』

を実施させていただきました!

 

 

 

お酒やお食事を楽しみながらのリラックスした雰囲気の懇親会に、

忍者マジシャンMr.ニンニンが参上!

 

まずは、組合員の皆さんを巻き込んだステージマジックショーのスタート!

見るだけじゃない参加型のステージショーは、

組合員の皆さんのユニークなリアクションで大盛り上がり!

 

 

そして、今度は、組合員の皆様全員にマジックグッズをお貸しし、マジックの謎解きと習得に挑戦!

 

業務とは全く離れた魔法の世界に労働組合の皆さんを
お連れし、リラックスした状態で気軽に楽しめる内容です。

 

 

最初は、緊張していた皆さんも、魔法の世界に入るとすぐに笑顔に!

他の組合員の方と話をしながら取り組みので、

組合員間のコミュニケーション機会にもなります!

 

また、どんどん引き込まれる巻き込み演出で、組合員の皆さんに積極的に取り組んでいただき、

一体感が生まれるイベントとなりました。

 

 

 

ご利用いただいた組合執行役員様の感想

 

後日、労働組合執行役員様より、

参加者の評判はとても良かった!
反省点の見つからない労働組合イベントだった!

とお褒めの言葉をいただきました。

 

労働組合のイベントやレクリエーションの効果や狙い

・組合員同士が「互いを知り」「共に楽しみ事」でコミュニケーションが生まれる!

・自分の部署や職場以外の組合員と交流できることで社内ネットワークが広がる!

・悩みなど相談したり頼ることが出来る仲間ができる!

・組合の存在自体を身近に感じることができる!

 

など、変化や効果が期待できると言われており、

 

結果。組合員のモチベーションアップ! 組織の活性化へ!

労働組合イベントや労働組合レクリエーションは、社内環境、職場環境の改善に欠かせないツールですね。

 

これまで数多くの労働組合イベントや労働組合レクでご利用いただいてきましたので、その経験を活かし、臨機応変にご要望にお応えいたします。

 

まずは、お気軽にご相談ください。

 

 

各種お問合せはこちらへ

おススメ記事

1

こんにちは、忍者マジシャンMr.ニンニンこと、 代表の藤川です。   表彰式や表彰プログラム、周年記念イベント、社内勉強会や 社員旅行、飲み会など、様々な企業で社内イベントが開催されています ...

2

某企業の労働組合様からご依頼をいただき、組合レク、組合イベント、組合勉強会の一環として、手品を使ったコミュニケーション術を身に付ける、「また会いたい人と言われるためのコミュニケーションマジック講座」を実施させていただき、参加した組合員の皆様に大変喜んでいただきましたので、組合レク事例としてご紹介します。

3

社内イベントのひとつ、周年記念パーティー、創立記念パーティーは企業から従業員への感謝を伝える絶好の機会です。せっかく従業員が集まる機会ですので、みんなで盛り上がれるエンターテインメントや余興を行うと盛り上がり、特別感が伝わります。そこで某企業様の30周年を記念した周年パーティーに参加された従業員のみなさんに楽しんでいただけるよう、ステージマジックショーを実施させていただいた事例をご紹介します。

-①体験型マジック&ショープラン事例, 労働組合イベント事例, 社内イベント事例:懇親会編
-, , , ,

Copyright© 社内や職場の活性化や社員のモチベーションアップを応援する社内イベント企画会社 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。