http://innerbranding.link

①体験型マジック&ショープラン事例 労働組合様事例・記事

労働組合のレクにピッタリ!組合員同士の交流が生まれる労働組合イベントでの全員参加体験型のマジックショー事例

投稿日:

こんにちは、忍者マジシャンのMr,ニンニンこと、
代表の藤川です。

 

弊社の全員で体験参加できるマジック企画は、
社内コミュニケーションを目的とした社内イベントや社内レク以外に、
労働組合様のイベントやレク、勉強会などで多数のご利用を頂いています。

 

 

労働組合とは?

労働組合は、残業時間た給与、待遇、職場環境などの
不安や疑問について従業員の方に変わって
会社側と協議して、従業員の働きやすさを向上させる
活動を行ってくれます。

 

そんな大切な組合活動のひとつに、組合員同士のコミュニケーションや、
組合員と執行役員のみなさんとのコミュニケーションを
目的とした、労働組合イベント、レクレーションがあります。

 

今回、某企業の労働組合本部様から、組合員同士の交流を目的とした、

「労働組合向け全員参加体験型のマジックプラン」

をご利用いただきましたので事例としてご紹介します。

 

 

執行役員様も大満足! 労働組合イベントでの全員参加体験型のマジックショー事例

労働組合のイベントでは2つの企画でイベントが行われ、
組合員の皆様が、希望で選んでイベントに参加されていました。

そして、全員参加体験型マジック&ショープランには、
約90名の方が参加していただきました!!

 

労働組合向けの全員参加体験型マジック&ショープランは、
・飲食を伴うような懇親会でのご利用
・労働組合員のみなさんのご家族を招待したファミリーデーやファミリーイベントでのご利用
・飲食も伴わないケースでのご利用
など、開催場所やシーン、目的に応じて演出を変更し、実施させていただいています。

 

今回は飲食無しで会議室で開催されまして、
約60分間にわたってお楽しみいただきました。

 

まずは、労働組合イベントでの全員参加体験型のマジックショーのスタート!

まずは、ステージマジックショーからスタート!

見るだけじゃない参加型のステージマジックショーです。

 

 

笑いが中心の参加型のマジックで、会場はあっという間に
緊張もほぐれ、盛り上がってきました。

 

そして体験マジックタイムタイムスタート!

ほかの組合員の方とコミュニケーションを取りながら
楽しいマジックの謎解きや習得に挑戦していただきます。

 

 

もくもくと作業をするのではなく、
仲間協力しながらマジック体験していただくチームビルディング形式です。

 

最高潮に盛り上がったところで、
全員参加のマジックゲーム大会!

一体感が生まれ、労働組合のマジックイベントは終了しました。

 

 

労働組合イベントやレク、勉強会向け参加体験型のマジック企画プランのご案内

弊社では、参加者を増やし、組合員の交流につながる、
労働組合・共済組合・従業員組合のレク、イベントとしてご利用頂けるアイデアとして、
ユニークな体験参加型のマジック企画をご提案しています。

 

興味をお持ちの労働組合の執行役員や幹事の皆様!お気軽にご相談ください。

おススメ記事

1

忘年会やクリスマスパーティーは、社内や職場のコミュニケーションを円滑にし、一体感づくりの機会として大切な、社内イベント・社内レクレーションの機会でもあります。そんな機会を効果的に盛り上げる<余興会社選び>は大切です。そこで今回は、忙しい幹事様に、『効率的に余興の依頼先を探し、問い合わせて決定するためのポイント』を伝授します! 

2

企業にとって、会社や職場主催の忘年会やクリスマスパーティーは、“社員同士のコミュニケーションの場” “経営陣と社員とのコミュニケーションの場” に活用できる、立派な社内イベントです。今回は、「一体感づくりの機会」「チームビルディング」の機会に変えた全員参加型の余興 体験型マジックプランのご事例をご紹介します。

3

企業の忘年会やクリスマスパーティー、新年会は、大切な社内イベントです。「社内や職場のコミュニケーション促進」 「社内や職場の一体感づくり」を目的とした社内イベントの機会としても大切な機会です。そんな機会を盛り上げて一体感を演出する余興会社選びは重要です。 今回は、プロがおすすめする余興選びに失敗しないためのコツを伝授します!

-①体験型マジック&ショープラン事例, 労働組合様事例・記事
-, , , ,

Copyright© 体験参加型マジックで社員の気持ちをひとつにする社内イベント企画会社 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。