①体験型マジック&ショープラン事例 社内イベント事例:ファミリーデー編

体験参加型だから子供から大人まで楽しめた! 複数企業によるファミリーイベントでのイベント事例紹介

投稿日:

こんにちは、忍者マジシャンMr.ニンニンです。

 

長野県のアークス工業団地で行われた、

複数の企業様の社員やスタッフとそのご家族が対象の、
ファミリーイベントの盛り上げをご依頼いただき、
マジシャンを派遣させていただきました。

 

弊社ではこれま数多くの社内交流、社内コミュニケーション、
職場のコミュニケーションを目的とした
社内イベント、社内レク、ファミリーイベントの
ご依頼を頂いています。

今回は社内イベント企画例、社内コミュニケーションが生まれる
イベント例としてご紹介します。

 

複数企業によるファミリーイベントでの出張マジックショー事例

今回は、長野県の工業団地内の複数の会社の社員やスタッフと、
その子どもやご家族も参加された賑やかなファミリーBBQイベント会場に、

忍者マジシャンMr.ニンニンが参上!!
今回は屋外会場でのマジックショーです。

 

マジシャンが登場した瞬間、子供たちが集まってくれて、
ステージ周りがとても賑やかになりました。

 

 

しかし、弊社の社内交流、社内コミュニケーション、
職場のコミュニケーションを目的とした
社内イベント、社内レク、ファミリーイベント向けのマジックショーは、

見たい人が見たり、一方的にマジックを披露するような、
単なる余興のマジックではなく、

「全員で体験参加型」

のマジックショー演出です。

 

社内イベントや社内レク向け「全員で体験参加型」のマジックショーの特徴は、

<参加型のステージマジックショー>

マジシャンと一緒にステージに上がってマジックのお手伝い!
ユニークなリアクションに会場から大きな拍手や笑いが
生まれます!

 

<全員でマジック体験>

イベントに参加している社員やスタッフと、
その子どもやご家族の皆様全員にマジックグッズをお貸しし、
マジックに挑戦していただきます!

 

特徴となっています。

 

 

今回は40分間にわたって実施させていただき、
幹事の皆様や参加者の皆さんに、

「見るだけのマジックショーではなく、
 参加体験型の出張マジックショーなので、子どもも大人も楽しめた!」

と喜んでいただきました!

 

 

社内イベントや社内レク、ファミリーイベント向け体験型マジックショーのご提案

社内イベントや社内レク、ファミリーイベントの大きな目的は、

“参加者同士の交流やコミュニケーション”

です。

 

弊社の社内イベントや社内レク、ファミリーイベント
向け体験型マジックショーは、見て楽しんでいただける
マジック披露はもちろんございますが、

<仕事と切り離した非日常体験>

で、参加者同士のコミュニケーションが生まれやすい
演出になっていまして、

社内のコミュニケーション、職場のコミュニケーションを
円滑にするきっかけとしてお役に立てます!

 

 

全国対応しておりますので、まずは、お気軽にご相談ください。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

 

⇒今回のイベント事例と同じプランの概要の紹介ページへ

各種お問合せはこちらへ

おススメ記事

1

こんにちは、忍者マジシャンMr.ニンニンこと、 代表の藤川です。   表彰式や表彰プログラム、周年記念イベント、社内勉強会や 社員旅行、飲み会など、様々な企業で社内イベントが開催されています ...

2

某企業の労働組合様からご依頼をいただき、組合レク、組合イベント、組合勉強会の一環として、手品を使ったコミュニケーション術を身に付ける、「また会いたい人と言われるためのコミュニケーションマジック講座」を実施させていただき、参加した組合員の皆様に大変喜んでいただきましたので、組合レク事例としてご紹介します。

3

社内イベントのひとつ、周年記念パーティー、創立記念パーティーは企業から従業員への感謝を伝える絶好の機会です。せっかく従業員が集まる機会ですので、みんなで盛り上がれるエンターテインメントや余興を行うと盛り上がり、特別感が伝わります。そこで某企業様の30周年を記念した周年パーティーに参加された従業員のみなさんに楽しんでいただけるよう、ステージマジックショーを実施させていただいた事例をご紹介します。

-①体験型マジック&ショープラン事例, 社内イベント事例:ファミリーデー編
-, , , , , , ,

Copyright© 社内や職場の活性化や社員のモチベーションアップを応援する社内イベント企画会社 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。