社内イベントとは?

社内の活性化につながる社内イベントの種類と積極的に参加したくなる社内イベントとは?

 

社内の活性化、チームとしての結束力を高めるために、

 

「社員同士の信頼」は欠かせません。

 

 

社員同士の信頼を生み出し、社内を活性化、組織を活性化
させるための手段やきっかけとして、

“社内イベント” 
“社内レクリエーション”

があります。

 

 

このページでは社内イベントや社内リクレーションの
種類や目的をご紹介します。

 

社内イベント、社内レクリエーションの種類と目的

社内イベントはカジュアルなものからフォーマルなものまで
幅広くあります。

 

社内イベント企画案:忘年会や新年会、社内パーティー

社内イベントの目的:同僚との距離を近づけ、職場のコミュニケーションを
醸成することに繋がります。

 

社内イベント企画案:社員旅行や社員研修

社内イベントの目的:仕事から離れた、非日常を通して社員同士の交流を
深めることに繋がります。

 

社内イベント企画案:スポーツ大会や運動会

社内イベントの目的:沢山の社員が気軽に参加しやすく、目標に向かって
協力して取り組むことでコミュニケーションの向上や一体感作りにつながります。

 

社内イベント企画案:表彰式や発表会、周年事業、成果発表会、社員総会、方針発表会

社内イベントの目的:モチベーションアップ、会社への愛着を深めたり、会社へ
期待を高めることに役立ちます。また、普段、接点の機会の無い、
経営者や同僚の想いを聞く機会にもなります。

 

社員やスタッフが積極的に参加したくなる社内イベントとは?

社員やスタッフが積極的に参加したくなり、
参加して満足感が高いイベントとは、

■社員全員で和やかに楽しめたり、参加体験できる企画

■社員同士で協力して達成を目指す共同体験

■仕事にも活かせるユニークな体験や学び

が人気のようです。

投稿日:2017年3月6日 更新日:

Copyright© 体験参加型マジックで社員の気持ちをひとつにする社内イベント会社 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.