社内イベントを成功させるためのコツ

知らず知らずに社内や職場に不機嫌やイライラの感情を伝染させていませんか?

更新日:

こんにちは、忍者マジシャンのニンニンこと、代表の藤川です。

 

 

感情は伝染すると言われています。

 

いつも元気でムードメーカー的な人がいると社内や職場、チームに
明るい雰囲気が広がり、ポジティブな意見や活動につながります。

 

 

逆に、不機嫌でイライラしている人がいる社内や職場、チームでは、
その逆のムードになります。

 

 

 

このように感情やムードが伝染することを

 

心理用語で“情動伝染 (EMOTIONAL CONTAGION)”と言います。

 

感情が伝染する理由として、脳内のミラーニューロンの働きがあるそうです。

 

 

ミラーニューロンとは?

ミラーニューロンとは脳内にある神経細胞のひとつ。

 

この細胞は自ら行動するときだけではなく、
他の個体が何か行動するのを見たり、聞いたりする時も
活性化する言われています。

 

まるで自分が同じ行動をとっているかのように
脳内で他人の心理状態を再現するので、「共感」の土台になっているそうで、

相手の立場に立って物事を受け止め行動することに繋がるそうです。

 

 

注意すべきは、「不機嫌やイライラ」といった、負の感情の方が伝染しやすいこと。

 

感情の伝染は、「不機嫌やイライラ」といった、負の感情の方が
伝染しやすいそうです。

 

知らず知らずのうちに、自分の負の感情を伝染させてしまい。
職場や社内に影響を出してしまっているかもしれません。

 

 

なので、感情は伝染することを考えて、社内や職場では、明るい雰囲気でポジティブな発言を意識した方が良さそうですね。

皆さんの社内や職場の雰囲気はいかがですか?

 

 

社内活性化、社内交流のベース作りの為のコミュニケーション促進イベントの御提案

 

弊社では、社員同士の自然な交流を生み出し、

社内の活性化、組織の活性化のベース作りの為の、

体験型のマジックを活用した社内イベント企画のアイデアをご提案しています。

 

 

 

社員同士が気軽に会話でき、交流を生み出すきっかけづくりにぴったりの、非日常な体験です。

下記ご案内ページでは、社内活性化、組織活性化のベース作りのマジックを活用した社内イベント事例も

ご紹介しています。お気軽にご相談ください。

 

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

おススメ記事

1

忘年会やクリスマスパーティーは、社内や職場のコミュニケーションを円滑にし、一体感づくりの機会として大切な、社内イベント・社内レクレーションの機会でもあります。そんな機会を効果的に盛り上げる<余興会社選び>は大切です。そこで今回は、忙しい幹事様に、『効率的に余興の依頼先を探し、問い合わせて決定するためのポイント』を伝授します! 

2

企業にとって、会社や職場主催の忘年会やクリスマスパーティーは、“社員同士のコミュニケーションの場” “経営陣と社員とのコミュニケーションの場” に活用できる、立派な社内イベントです。今回は、「一体感づくりの機会」「チームビルディング」の機会に変えた全員参加型の余興 体験型マジックプランのご事例をご紹介します。

3

企業の忘年会やクリスマスパーティー、新年会は、大切な社内イベントです。「社内や職場のコミュニケーション促進」 「社内や職場の一体感づくり」を目的とした社内イベントの機会としても大切な機会です。そんな機会を盛り上げて一体感を演出する余興会社選びは重要です。 今回は、プロがおすすめする余興選びに失敗しないためのコツを伝授します!

-社内イベントを成功させるためのコツ
-, ,

Copyright© 体験参加型マジックで社員の気持ちをひとつにする社内イベント企画会社 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。