アイスブレイクツール アイスブレイクとは?

グッズを使えば超簡単!場を和ませて相互理解を深める4つのアイスブレイク特集

こんにちは、社内イベントや社内レクリエーション、労働組合イベント企画向けの
体験型マジックプランをご提案しているイベント会社代表の藤川です。

 

会議やミーティングだけじゃなく、最近ではやたら増えたZoomなどによるオンラインやリモート飲み会・・

 

人の集まる場面で、場を和ませたり、会話をしやすい雰囲気を作るアイスブレイクが必要なのは分かっているけど・・

「アイスブレイクするの・・・マジで、苦手なんだよな(泣)」

 

 

 

いざ、アイスブレイクすること求められても、何をすれば良いか、果たしてウケルの?・・
そんな不安になる方も少なくありません。

 

そこで今回は、ツールを使えば不安も解消!!

 

ゲーム感覚で使えて、アイスブレイクもばっちり!「場を和ませたり&お互いの理解を深める4つのアイスブレイクグッズ」

をご紹介します!

 

 

そもそも、アイスブレイクって?

そもそもアイスブレイクとは・・・

会議や研修などを始める前や、初対面同士の会話や、
職場で行うことで、緊張をほぐしたり、場を和ませて会話がしやすくしたり、
お互いを知ることで、積極的に目的に対して発言や行動しやすい雰囲気を作るための手法です。

 

また、会議や研修などを始める前などのビジネスシーンや、初対面同士の場合だけなく、
学級開きや授業の冒頭で導入し、不安そうな子供やダレ気味の子供たちの
興味を引き付け、短時間で子供たちと打ち解けるなど、学校でもアイスブレイクは活用されています。

 

 

改めてアイスブレイクを行う目的とメリットって・・?

アイスブレイクの目的とメリットを理解しておくと、アイスブレイクを使用する機会が明確になります。
ここでは、アイスブレイクの目的やメリットをご紹介します!

緊張感をほぐし、場を和ませる!

アイスブレイクは、緊張感をほぐして、場を和ませ、
気軽に発言しやすい雰囲気を作り出すことができるメリットがあります。

参加者同士のコミュニケーションを円滑にする!

アイスブレイクには、参加者同士のコミュニケーションを円滑にし、
親しくない人とも無理なくコミュニケーションを図ることができます。

お互いの理解を深める!

様々な考えや経験を持った人が集まった場で、決められた時間内で
良い成果を生み出すためには、相互理解がとても重要です。
アイスブレイクは効率的にお互いを知ることができます。

場の目的への積極的な参加が期待できる雰囲気を作る!

緊張感があり、参加同士のコミュニケーションも浅い状況では、
積極的に発言するなどその場の目的への積極的な参加は非常に難しいですが、
アイスブレイクを利用することで場の雰囲気が良くなり、
目的への積極的な参加も可能になります。

 

 

場を和ませたり&お互いの理解を深めるアイスブレイクグッズ特集

 

  • 場を和ませたり、打ち解けた雰囲気を作る
  • お互いの価値観を共有し、理解を深めて結びつきを強くする
  • 会話を弾ませ、お互いの距離を近づける
  • 場を盛り上げ、印象に残る自己紹介をする

これらは、アイスブレイクの目的の一つですが、実は、
グッズを活用することで、簡単に、手軽に実施することができます。

 

そこで、今回は、場を和ませたり&お互いの理解を深める4つのアイスブレイクグッズをまとめました。

 

自然?むちゃぶり?すべてはサイコロが決める鉄板トークグッズ「おもしろサイコロ」

自己紹介やアイスブレイクで使えるサイコロを紹介するうえで、
欠かすことができない鉄板の「おもしろサイコロ」のご紹介です!

 

おもしろサイコロとは?

  • テレビでも一度は見たことがあるようなシンプルでわかりやすいユニークなゲーム形式のアイスブレイクで、自然な形で自己開示の機会を作ることができますので盛り上がります。
  • 基本的なやり方は、話をする人がサイコロを振り、サイコロの出た目の面に書かれた
    テーマに基づいて自己紹介したり、お題に取り組みます。
  • サイコロの目には、「想い出に残った話」「恋の話」「情けない話」「はじめて〇〇した話」など、トークしやすいエピソードテーマがプリントされていますので、自己紹介やアイスブレイクの機会で、サイコロを振るだけです!
  • 進行役が1個サイコロを持ち、順番に振ってあげることで、リモートやオンラインの機会でも活用できるアイスブレイクツールです!

 

おもしろサイコロのサイズ

おもしろサイコロのサイズは以下の3つです。

おもしろサイコロSS:縦約5.5cm×横約5.5cm×奥行約5.5cm

おもしろサイコロM:縦約18cm×横約18cm×奥行約18cm

おもしろサイコロL:縦約33cm×横約33cm×奥行約33cm

人気のおもしろサイコロなので在庫が少ないことが多いですので、見つけたらすぐにゲットですね!

 

おもしろサイコロを今すぐ欲しい人はこちらへ

おもしろサイコロSS

おもしろサイコロM

おもしろサイコロL

 

 

 

ボケとツッコミで、参加者同士の心の距離が一気に縮まる!「ツッコミかるた」

  • 発売当初、わずか1週間足らずで。アッという間に完売したのが、お笑いのツッコミが取り札になった「ツッコミかるた」です。
  • 普通のカルタは、読み札に対する正解の札が決まっていますが、「ツッコミかるた」は、

〇 ボケた人の意図どおりのツッコミカードでツッコむ

〇 笑いが起きたおもしろいツッコミ

このどちらかであればポイントゲットできるユニークなカルタです。

 

 

ツッコミかるたのやり方は、「ボケ」と「ツッコミ」をペアにするだけ!

ツッコミかるたは表面に「ツッコミ」、裏面に「トークテーマ」が書かれた
100枚のカードを使って2チーム(2~8人)で得点を争うゲームです。

 

ツッコミかるたのやり方は、

  1. ツッコミが書かれた面を上にしてカードを20枚、ランダムにテーブルの上に並べます。
  2. 残りのカードはまとめて、裏面のトークテーマを上にしてテーブルの真ん中に配置。
  3. 「好きなスポーツ」「ファッションのこだわり」等のテーマに沿ってトークスタート!
  4. トーク中にボケたら他のプレーヤーがそれに対するツッコミのカードを取るという、シンプルなルールです。
  5. 「ボケ」と「ツッコミ」のペアを完成させたり、「おもしろいツッコミ」」でポイントゲット!

相手チームのボケより、味方のボケに突っ込むとポイントが高かったり、
ツッコミのセリフをアレンジすることで更に盛り上がるなど自由度も高く、
チーム戦だと戦略性も盛り込めます!

 

ボケトークが苦手な方も安心してトークできる例題もあるそうなので、
盛り上がってアイスブレイクできるゲームです!!

 

「ツッコミかるた」をもっと知りたい人はこちらへ

 

 

自分や仲間の価値観をゲーム感覚で言語化!お互いを理解する為の「エンゲージメントカード」

初めて会う人だけでなく、普段一緒に仕事をする仲間にも、

「どんな価値観を持っている?」

と、いきなり聞いても答えることは簡単ではないと思います。

 

 

 

でも、お互いの価値観を共有し考え方や大切にしていることを理解し、共通の価値観を
もとにして判断し、行動できるようになることが、強い会社、強いチーム、強い組織になり、
働きがいや生産性も向上することに繋がります。

 

なので、“お互いの価値観を理解”し、“価値観をすり合わせてひとつにする”ことは、とても重要と言えます。

 

 

そこで、それらをゲーム感覚で

  • 意外に知らない自分の価値観やチームメンバーの価値観を!
  • ゲーム感覚で言語化!
  • 自然と対話が生まれお互いの価値観を知ることができる!

のが、「エンゲージメントカード(価値観カード)」 です。

 

 

「エンゲージメントカード(価値観カード)」を利用した人の感想

「普段、一緒に仕事をしている仲間なので、あたりまえだと思っていたことや、
分かってもらえていると思っていた価値感が、他の人とは違っていることに気づき、
言語化して今まで知らなかった一面を知ることになりました。
その個人の価値観をチームの価値観に統合することも出来るみたいなので、
やってみたいと思います。」

 

「最初はだれも答えることができなかった自分の価値観でしたが、
カード体験後、自分の価値観を自ら話すことができるようになりました。
定期的に行うことも良いみたいなので、また、部署で試してみたいと思います」

 

「社内のコミュニケーションを高めるために、みんなで取り組めるものを探し、
価値観を共有出来る内容に興味を持ち、導入。実際に使ってみると、
自分の中にある価値観を言語化し、シェアすることでメンバーが大事にしているものが
可視化されてコミュニケーションが多くなりました」

「エンゲージメントカード(価値観カード)」 の概要

エンゲージメントカードを使って、自分と対話しながら価値観を発見することで自分らしさを理解し、チームで価値観を共有し合うことにより、相互理解が深まり、信頼関係と心理的安全性が確保され、 エンゲージメントが高まります。

 

また、エンゲージメントとは、相互に影響し合い、共に必要な存在として
絆を深めながら成長できるような関係を築いていくことです。

エンゲージメントカードを使って、互いの価値観を理解し、受け止めてゆくことで、

  • 「生産性が上がる」
  • 「利益率が上がる」
  • 「離職率が下がる」
  • 「ミスが減る」

などさまざまなメリットが期待いただけます!

 

「エンゲージメントカード(価値観カード)」 で体験できること

  • 自分の価値観を選び見つけ出す【自己理解、自己発見】
  • 自分の価値観を見せて、話して、共有する【自己開示、自己表現】
  • 他者の価値観を受け止める【他者受容】
  • 他者に受け止めて(承認して)もらうことにより【自己肯定感】
  • 自分はできる(かもしれない)【自己効力感】

を体験することができます。

 

エンゲージメントカードをもっと知りたい人はこちらへ

 

 

驚きと笑いでアイスブレイク! 誰でも簡単に場を和ませるマジックグッズ

驚きや笑いは、場を一瞬で和ませたり、雰囲気を変えることができます。

そこで、マジックをアイスブレイクを求められる機会で使用すると、
不可能を可能にする演出で、相手のハートを一瞬でつかんだり、場を盛り上げることができます!

 

弊社で承っている企業や組合様向けに、コミュニケーション術やアイスブレイク術として
使えるマジックを、ワークショップやオンライン講座でレクチャーしていますが、

その中で特に人気のマジックグッズが、MagicNumberCard(マジックナンバーカード)です!

 

アイスブレイクマジック

 

「MagicNumberCard(マジックナンバーカード)」とは?

マジックグッズ「MagicNumberCard(マジックナンバーカード)」は、なんと、

  • 誰でも簡単に!(小学生くらいのお子様も)
  • 相手しか知らない1~31の数字を!
  • たった5枚の名刺サイズのカードで!
  • 100%的中できる!!マジックグッズです!

また、

  • 器用さ
  • 練習
  • センス
  • 努力
  • 根性
  • 全く必要なし!

子供でも披露できるのに、相手やその場に、すごいインパクトを与えます!

 

 

マジック披露の仕方も簡単です!

映像でマジック披露の流れをまとめましたので良ければご覧ください。

 

 

このマジックは、相手しか知らない1~31までの数字なら何でも100%的中できます!

マジックで的中できる数字は、「1~31までの数字だったらなんでもOk!」

 

例えば、

  • 誕生日
  • 心の中に思った数字
  • 恋愛した人数
  • 浮気した人数などなど

相手しか知りえることが困難であればあるほど、驚かれて盛り上がりますのでアイスブレイクに使えます!

 

オンラインやリモートの環境でも披露できます!

すっかり定着したZoomなどを使ったオンラインやリモートの環境でも、
このマジックグッズ「MagicNumberCard(マジックナンバーカード)」は披露できます!!

オンラインやリモートという離れた環境で、相手しか知らない数字を当てると
めちゃくちゃ驚かれます!

 

 

 

マジックグッズ「MagicNumberCard(マジックナンバーカード)」をもっと知りたい人はこちらへ

 

 

いかがでしたか?

 

いざ、急にアイスブレイクや場を和ませて盛り上げる進行をやる必要が出ても、
何をすれば良いか分からない・・そんな方は少なくありません。

まずは、アイスブレイクグッズを使って、

「場の緊張をほぐす」ことに挑戦してみましょう!!

 

以上です。

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました!

Follow me!

誰でも簡単に披露できる!マジックグッズのオンライン販売

オンラインやリモートのコミュニケーションが求められる場面でアイスブレイクにも使える!

誰でも簡単に披露できてウケる!マジックグッズのオンライン販売

弊社では、

  • 手先の器用さ必要なし!
  • アイスブレイクやコミュニケーションに使える!
  • 練習も必要なく、すぐに披露できる!

マジックグッズをオンライン販売しています!

 

しかも披露するとウケます!!

驚きや笑いでアイスブレイクできます!

 

 

また、オンラインやリモートのコミュニケーションが求められる場面で
アイスブレイクや自己紹介の際に使えるマジックもあります!

興味をお持ちの方は、下記バナーをお進みいただき、「マジシャンフージーのマジックショップ」をご覧ください。

 

-アイスブレイクツール, アイスブレイクとは?
-, , , , , ,

Copyright© 社内や職場の活性化や社員のモチベーションアップを応援する社内イベント企画会社 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。