事例のまとめ

社員が積極的に参加! 体験型のマジック企画を活用した5つの厳選社内イベント事例

更新日:

こんにちは、コミュニケーションマジシャンのニンニンこと、
代表の藤川です。

 

弊社は、体験参加型マジックで社員の気持ちをひとつにする
社内イベント会社です。

 

マジック使った、社員の皆さんが喜んで
参加する体験参加型の社内イベントアイデアをご提案しています。

 

社内の活性化、職場の活性化につながる社内イベント アイデアのご紹介

今回は、社内イベントプランのひとつ、

「体験型マジック&マジックショー」プランをご紹介します。

社内の活性化、組織の活性化には、
社員同士のお互いの信用や信頼が欠かせません。

 

弊社の社内イベントプランは、
社員同士の自然な交流を生み出し、社内の活性化、組織の活性化のベース作りとなる、
コミュニケーションの場となります。

 

<社内イベント企画 体験型マジック&ショープラン概要>

 

社内イベントや社内レクに参加した社員の
皆様全員にマジックグッズをお貸しし、全員でマジックの種明かし&習得に挑戦!

大人がハマる楽しいマジック体験で、自然に会話や対話が生まれ、
仲間と協力しながら進めることでチームビルディングも生まれます!

 

 

 

<体験型マジック&ショープランのご利用事例紹介>

 

今回は、社内の一体感づくり、職場の活性化のきっかけにして頂ける

全員参加体験型の社内イベント事例を厳選して5つご紹介します。

 

 

社内イベント事例1.:「社員同士の交流機会になった」と幹事様の大満足!企業パーティーでの体験型マジック

企業忘年会でご利用いただいた
体験型マジック&ショープランの事例をご紹介します。

→記事の続きはこちらへ

 

 

社内イベント事例2.:「社内で初めての試みでしたが、大好評でした!」と幹事様も大喜び! 体験型マジック

成績優秀者の表彰や懇親を兼ねた企業パーティーで、
出張マジックショーのご依頼をいただき、
体験型マジック&ショーを実施させていただきました。

→記事の続きはこちらへ

 

社内イベント事例3.:社員一同楽しい時間が過ごせたと大好評! パーティーを盛り上げる出張マジックショー

某企業様のクリスマスパーティーの
盛り上げとしてご依頼いただきました、
体験型マジック&ショー事例を紹介します。

→記事の続きはこちらへ

 

社内イベント事例4.:「盛り上がった社内懇親会になりました!」幹事様も大満足!  体験参加型の出張マジックショー

IT関連企業様の社内パーティーの盛り上げのご依頼をいただき、
体験型マジック&ショーに出演させて頂きました。

→記事の続きはこちらへ

 

社内イベント事例5.:幹事様も大喜び! 社員交流が目的の社内懇親イベントで、全員で楽しめる体験型マジックショーに出演してきました。

社内交流を目的とした、社内懇親パーティーの幹事様から
ご依頼をいただき、体験型マジック&ショーを実施させて
いただきました。

→記事の続きはこちらへ

 

 

いかがでしたか?

プランの資料、概要などこちらのページで
詳しくご案内しています。

興味をお持ちの方はぜひ、御覧ください。

 

→ 体験型社内イベントプランのご案内ページへ

 

おススメ記事

1

忘年会やクリスマスパーティーは、社内や職場のコミュニケーションを円滑にし、一体感づくりの機会として大切な、社内イベント・社内レクレーションの機会でもあります。そんな機会を効果的に盛り上げる<余興会社選び>は大切です。そこで今回は、忙しい幹事様に、『効率的に余興の依頼先を探し、問い合わせて決定するためのポイント』を伝授します! 

2

企業にとって、会社や職場主催の忘年会やクリスマスパーティーは、“社員同士のコミュニケーションの場” “経営陣と社員とのコミュニケーションの場” に活用できる、立派な社内イベントです。今回は、「一体感づくりの機会」「チームビルディング」の機会に変えた全員参加型の余興 体験型マジックプランのご事例をご紹介します。

3

企業の忘年会やクリスマスパーティー、新年会は、大切な社内イベントです。「社内や職場のコミュニケーション促進」 「社内や職場の一体感づくり」を目的とした社内イベントの機会としても大切な機会です。そんな機会を盛り上げて一体感を演出する余興会社選びは重要です。 今回は、プロがおすすめする余興選びに失敗しないためのコツを伝授します!

-事例のまとめ
-, , , , , ,

Copyright© 体験参加型マジックで社員の気持ちをひとつにする社内イベント企画会社 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。